トイカメラ。 | イコニワークス

BONZART Lit / nanoblockトイデジ 撮り比べ 3

0

人気のトイデジ2機種、BONZART Litnanoblockトイデジタルカメラ で撮り比べパート3。 (パート1 パート2はこちら。)

 

BONZART Litのカラーモードは「ノーマル」で撮影。撮るもの(被写体)別に、色味と画質を比べています。

 

BONZART Lit vs nanoblockトイデジタルカメラ

 

3番勝負の最後は京都祇園『南座』で。
レトロな建物の微妙な色味と光と影、赤や紫などのデジタルカメラが苦手な色が混在したらどう写るのか・・。
これはトイデジでなくてもいろんなカメラでテストしてみたい場面ですね。。

 

BONZART Lit と nanoblock トイデジタルカメラ 撮り比べ2

 

結果は上の写真の通り。BONZART Litでは、空の明るさで屋根の下の暗い部分が一層暗く写っていて、ディテールもかき消されてしまっています。またちょうちんの赤と幕の紫がともに彩度の低い暗い色で写ってしまっています。
対して、nanoblockトイデジタルカメラでは暗い部分の補正もしっかりされていて屋根の裏の格子状のディテールもしっかり写っていますし、赤も紫も明るく現実よりもやや彩度高めに写りました。

 

結果としては、どちらも特徴的な写りで勝負つかず、という印象です。
画像の処理などカメラのとしての性能を比べたら、優れているのはnanoblockトイデジタルカメラの方でしょう。 画像もシャープですし、色の再現、アンダー部分の補正など現実に近い写真を撮影できますし、ビビッド系色味の写真が好きな方にはこちらがお勧めです。

 

BONZART Litは実にトイデジらしい、レトロな描写が得意なようです。色味の再現は全体に彩度低めですし、被写体のディテールはつぶれてオイルペイントのようになる・・。でも撮った写真を見て自分の記憶に近いのはなぜかこちらのカメラで撮った写真なんですね・・。撮った写真に独特のフィルターをかけて思い出の映像のようにしてくれるカメラ、という点で私は個人的にこのカメラの描写がたまらなく好きです。

 

まるで対照的な写りの異なる2つのトイデジ。でもどちらも大人気の理由がわかった気がします。
どちらもおすすめ!でもどちらを選ぶかはお好み次第ということですね。

 

これらのカメラはイコニガジェで購入できます。
BONZART Lit
nanoblockトイデジタルカメラ

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Share.

About Author

Leave A Reply


*